ゲムろう!ちんまりブログ!クラクラ・ARK・原神など色々!

【クラッシュオブクラン(クラクラ)】や【ARK】、【原神】などのゲームのプレイや攻略など、色々書いていこうと思います!よろしくお願いします(*´ω`)ノ

【kenshi(ケンシ)】初プレイ&序盤攻略!「自由すぎて何だかすごいわ💦」

                      ・【kenshi(ケンシ)】・

                     🌟初プレイ&序盤攻略!🌟

                                     「自由すぎて何だかすごいわ💦」

 

こんにちは、こんばんは、今回はsteam(スチーム)のほうで購入できますPCゲーム。

【Kenshi(ケンシ)】のほうをプレイしてみましたので、感想や簡単な序盤の攻略プレイについてなど、書いてみようと思っております(*´ω`)ノ✨

 

kenshiについては、もうわりと三年くらい前に製作されてると言う情報の時点から気になっていたんですが。

ようやく今年に入り、正式版となりましたようです。

store.steampowered.com

リリース自体はもう二年ほど以前からされていたようですが、何やら手を出してなかった感じでした。

 

【kenshi】は、自由すぎることで有名なゲームで、ほとんど一人の海外の方が10年近くをかけて作られたゲームだと言うことです。

 

自由すぎると言うことで、どんな程度やねん?

と思いますけれども。

世界観がなかなかディープっすね。

 

カニバルと言う種族に襲われてやられてしまうと、生きたまま食べられてしまったり。

敵対する種族に倒されてしまうと、なぜか手当てして回復させられたあと【奴隷】にされたりといったことが日常的に行われている世界でした。

 

YouTubeなどの動画でのプレイを見てますと、奴隷にされたらそのままなんとか救出に行ったり、ピッキングのスキルのあるキャラクターだと、うまいこと牢屋から逃げられたりなど色々してますが。

僕の場合、敵に襲われたらまっさきにロードさせてもらってますね。

 

敵がまずとんでもなく強いですね。

もう20時間くらいプレイしてるんですが。

まだそのへんの盗賊に襲われたら、1対1なら負けますね。

ある程度装備が揃っている、近接攻撃などが強い者なら勝つことは勝ちますが、そのあとの手当が大変で、誰か仲間が近くにいる場合でなければ、【気絶】などしてしまうと基本的にそのままその場でしんじゃいますので、基本的には戦いたくない感じです。

 

では、実際の画面のほうなんですが、こんな感じでプレイしてますね(*´ω`)ノ

 

ゲームを開始すると、こんな感じで読み込み画面が出ます。

(`・ω・´)うむ・・・あれだな、【銃夢(ガンム)】だな・・・と思ったりする。

[rakuten:renet3:10549961:detail]

銃夢はこんな感じの漫画作品ですね。

(*´ω`)めちゃ昔から大ファンでして✨

 

こんな感じでまずは主人公キャラクターを作成していきます。

バニラ(元々)の種族や外見選択だとこんな感じなので、さっそくMOD(モッド)を入れさせてもらい、やり直しました。

するとこうです✨

バーーーーーン!!

ドバーーーーーン!!!

こんな感じで作成していきますね。

 

・美顔系MOD!

 

・美顔種族追加MOD

・美顔EX

 

などのものやJP系の美顔ものを入れていけば、なかなか良いものが色々出てきます。

 

で、実際に作ってみて歩いてみた感じ!

なんか・・・違うわ・・・💦

と言うところ。

目がしんでるのね・・・と言う感じ。

後ろの種族は【シュク】と言われる種族で、攻撃能力が強い感じだと言うことです。

 

移動速度は通常のものから3倍速と5倍速が選べるので、移動の時や生産を待っている時などは5倍速などにすると快適です。

一人一人をコントローラーやキーで、細かくジャンプさせたり、攻撃ボタンを押して攻撃、といったスタイルではなく。

【ここに移動・これをしろ】的な命令によってキャラクターたちが動いていくスタイルです。

シミュレーションゲームなどに多くみられるスタイルでのプレイスタイルになってます。

上記画面では、マップを開いて行きたい場所をクリックすることで、選択したキャラクターたち(部隊ごとなど)は、放っておいても自動で移動してくれるので、あまりこういったスタイルに慣れてない僕ですが、わりと「慣れると楽だわこれ」といった感じになりました。

 

・Y字型ハウス購入!

街の中には、左クリックで建物を選択することで、販売されている家があります。

最初は小さい小屋で良いですが、ある程度進んでくるとY字ハウスなどが手ごろです。

風力発電などを研究することで、夜でも明るく電気をつけることもできるようになりました。

風力発電機は、小型のものなら家の屋上に設置できるので、快適に電力が必要な設備を使えるようになりました。

研究台のほうも、三世代目からは電力が必要になるので、小さいミニ風力発電を設置するためにも、最初の小屋以上のものに変えていく必要があります。

 

 

 

 

・能力!(ステータス)

能力は、キャラクターを選択して画面右下に並んでいる【インベントリ・能力・地図・技術・部隊・ヘルプ】のところの二番目の能力のところを押すと出ます。

 

・優先的に上げていきたい能力!

 

①運動能力!

 

まずはとにかく運動能力です。

これは移動したり、作業をしたりなどしていると勝手にグイグイ上がってきますが、これがないと隣の町に移動する時など、敵に絡まれた時に逃げることができません。

初期値くらいだと、町の外を移動している時に敵に遭遇すると、基本的にしにます

運動能力を町にいるうちに、30以上くらいに上げておくと、敵からはわりと逃げれるようになるかなと思いますので、運動能力が真っ先に必要です。

 

あと、町の移動は個人で移動したほうが安全ですね。

複数の、特に移動スピードが違うメンバーでバラバラに移動していくと、先頭を行っている人はわりと大丈夫ですが、後に続く仲間が敵に絡まれてしにますね。

 

②近接攻撃!

 

近接攻撃は、ダミー人形などを作れるようになると5・10・15まで研究台のレベルに応じてあげることができる、ダミー人形が作れますが。

それまではなかなか上がりません。

最悪、戦闘になった時のためにも近接攻撃を上げておくのがおススメですね。

 

ダミー人形は、作ったあとキャラクターに叩かせておくことで勝ってにどんどん近接攻撃レベルが上がっていきますが、上限があります。

他にもピッキングの能力を上げるための、ダミー宝箱を作って練習できるようになったり。

砲台の能力を上げるための、砲台のダミーを作って練習させることで、砲台のスキルレベルを上げることなどができます。

レーニングと言う感じで【砲台】のスキル練習をする図。

 

 

金策!(キャッツを稼ぐ)

この世界の通貨は【キャッツ】と言われてます。

序盤で入手できる武器などが500~2000キャッツほど。

食料が定期的に一人あたり500キャッツほど、ちまちまと必要になってきます。

 

仲間が10人くらいになると、食糧費だけで5000キャッツくらいが一回に消えることになるので、金策が絶対に必要になります。

仲間の数だけ増やしても、装備が弱いと烏合の衆になるので、装備も考えると、一人一人使えるようになるためには、どうしても仲間一人あたり5万キャッツは最低必要な感じのようです。

 

 

・金属(鉄・銅)掘り!

 

鉄や銅を掘るのが、序盤では一般的な金策のようです。

鉄よりも銅のほうが、売値が倍くらいするので基本的には銅鉱脈を見つけて、そこを掘って売っていくことで金策をしていきます。

銅は一つあたり145キャッツほどで売れます。

5倍スピードにして放っておくことで、10秒に一つくらい銅が掘れるのでかなり儲かりますね。

 

序盤の町では、鉄しか見当たらないこともあるので、その場合はしばらくは鉄でコツコツ稼いでいくのが良いかと思います。

鉄でも二人くらいでバンバン掘っていけば、けっこうキャッツも増えます。

 

・鉱石堀りを仕事に登録する!

この鉱脈を【shift+左クリック】で、仕事として右下に登録することができます。

これをすれば、あとは放っておけばどんどん掘り続けてくれます。

 

・銅の収納箱を作る!

この【銅の収納箱】を作ることで、最大100個まで銅を収納できます。

銅鉱脈堀りを仕事に登録し、自動で掘ってくれているキャラクターに、この銅の収納箱に向かって【shift+左クリック】することで、仕事の二番目に【銅の鉱石を、銅の収納箱に入れる】と言う二つ目の仕事として登録することができます。

 

これで、いわゆるkenshiの世界では【自動化】と言われているように、あとはキャラクターが勝手に自動で、どんどん銅を掘っては、収納箱に運んでくれる

と言うことをやってくれます。

あとは、5倍速などにして放っておくだけで、どんどんお金【キャッツ】が増えていくわけです。

 

基本的には、2人を銅鉱脈掘りに当てて、もう一人は【銅の収納箱】のある小屋で待機。

と言う形が良い感じです。

部隊を分ける、のところから【コウセキ ホリ 1】とか名称をつけて、鉱石堀り専門の部隊を作成すると管理しやすくなりました。

こんな塩梅で、バコバコ鉱石を掘ってもらいつつ。

部隊の三人目のマリア氏は、小屋で待機してもらい、収納箱に50くらになど溜まったら近所の資材屋などで売っていく感じです。

 

 

 

 

・鉱石堀りの最中もバンバン襲われる!

このように、部隊の名前のところが赤く点滅してたりしたら、敵に襲われてます。

急いでその部隊の画面にすると、大抵かなりヤバイ自体になってます。

僕はこの時点でロードの準備に入りますね。

 

このゲーム、オートセーブの時間が選択でき、5分に一回など自動でオートセーブしてくれるので、何かヤバイことが起きたら、わりと最悪でも5分前に戻ることができるんですね。

さらに、オートセーブも自動で三つ作られるので、5分前・10分前・15分前くらいの感じでオートセーブされているので、わりとひどい状況にはならないですね。

 

ユーチューブなんかを拝見すると、バンバン敵にやられては奴隷にされたり、何か月も投獄されたり、カニバルの部族につかまって生きたまま食べられそうになったりなどで「めっちゃキツいゲームだなこりゃあ・・・」。

と思ってましたが、いざプレイしてみると、敵に襲われたらロードが可能なので、わりと大丈夫でした。

 

ただ、ロードなどを禁止したプレイスタイルにしたら、このゲーム。

尋常な難易度じゃないですね。

 

あまりにもぼーっとしていると、こんな感じに鉱石を掘ってくれている人たちが、めちゃくちゃにボコられちゃってることが、よくあるので気を付けたいところです。

【腕・頭部・下腹部】など色々細かく体力わけがされてるんですが。

どれかがなくなると、しにますね。

あと、どうやら腕などがなくなると、片腕でそれからは生きていかないとダメなようです。

それか、サイボーグ化などもあり、機械の腕をつけることで、高価なものをつけることで後半などはかえって強く、キャラクターを強化することもできるようです。

 

 

・サイボーグ化による強化!

 

どうやら、恐ろしいことにうまく手や足をもぎ取ることのできる【皮剥ぎ器】と言う恐ろしいものが、このゲームでは作れるようでして。

敵をこの中に入れることで、本来、このゲームは倒れて気絶している敵をさらに追撃して、ころしちゃうことは、できなくなってるんですが。

敵を担いで【皮剥ぎ器】に入れることで敵の手足を切断したり、そのまま、しなせちゃうことも可能であるのだとか。

 

そして、なんと。

仲間の人をこの【皮剥ぎ器】に入れることで、なんと。

手足を切断することが可能であり、そのあと、より強いサイボーグの手足をつけることでキャラクターを強化する。

といった最終的な強化方法などもあるのだと言う。

 

けっこう、このゲームは、仲間キャラクターや敵のキャラクターも、色々と数秒に一度くらい何かしゃべってたりするので、皮剥ぎ器に入れた時も。

かなり恐ろしく叫ぶようで、ちょっと僕は個人的には使いたくないっすね。

といったところです。

 

 

・エンドコンテンツ!

 

エンドコンテンツなんですが。

いったいこのゲーム、何をしたらクリアーなの?

と言う部分なんですが。

 

どうやらこのゲーム。

明確なクリアーといった概念はないようでして。

それぞれのプレイヤーが目的を見つけて、自由にプレイを楽しんでください、といったスタイルのようです。

僕はそうゆうのはむしろ、大歓迎なんですが。

まあ、いいですよね、そうゆうの。

僕はわりと好きですね。

 

一応、敵がたくさんいますので。

そういった敵の部族集団を討伐していく、といったことなどを最終目標にされるプレイヤーの方はわりと多いようです。

 

・敵の代表的な武装勢力

 

ホーリーネーション

 

ケルトン種族などを目の敵としており、義手や義足も見つけ次第抹殺。

聖なる集団。

聖書などを持ってないと大変なことになったりする。

 

・都市連合

 

貴族集団。

集団そのものの戦力はホーリーネーションよりも強いのだと言う。

 

・シュク王国

・野党集団

 

などなどかなりの敵の勢力集団がおり、それらを全て壊滅させる。

といったことなどをラストコンテンツとする、といったプレイは面白いんじゃないかと思います。

まあ、まだそのへんの盗賊にも勝てないんですが、わたくしの方は。

 

 

・拠点作り!

 

これがどうやら、基本的には代表的なエンドコンテンツになるようです。

つまり、自分の家や町のようなものを作っていく、といったプレイになります。

 

このゲームはわりと序盤から、拠点は作れるものの。

拠点を作ることで、敵の武装勢力から狙われてしまうことになりますので、かなりの戦力が整っている状態でなければ。

拠点を作っている最中に、まだ壁すらまるでできてないのに全て壊滅。

と言うことも普通であるようです。

 

敵は一人一人がかなり強いうえに、最低でも10人~20人の武装勢力で定期的に、かなり頻繁に来るようなので。

生はんかな強さでは、まったく太刀打ちできません。

※拠点を作ることで、いわゆる【レイド】が起こるようになります。

 定期的に10人〜50人などの集団勢力が、拠点に攻めてくるようになるようです。

 

ただ、自拠点を作ることで、溶解炉などの施設を作ることができ。

自分でかなりの強さの武器や防具を、拠点で作ることができるようになったり。

畑を作り、農業をすることで食料を購入しなくても良くなったり。

色々と面白いようです。

 

 

 

・まとめとして

 

現在20時間ちょいくらいプレイしてますけれども。

どうにも、(`・ω・´)うーむ・・・

と思うことなどがあり。

(*´ω`)ふう・・・💦

(*´ω`)いったん・・・リムワールドとやらでもやってみっかな✨

 

みたいになったりもしたんですが。

 

(`・ω・´)あれ・・・そういえば・・・まだ一回もまともに戦って勝ったことなくない?

 

と思ったりなどしまして。

 

今現在のプレイでは、盗賊集団などに、なんとか一度でもまともに戦って勝ちたいものだな。

と言う気持ちが芽生えたので、金策をやったりしてますね。

 

3000キャッツで雇える人は、基本的にあまり強いスキルを持ってないので、6000・9000キャッツ系の人たちで武力集団を作り上げ。

金策で貯めたキャッツで重装備にし。

10人くらいの精鋭を作り、盗賊集団に戦いを挑んでからでも、リムワールドを始めるのは遅くないんじゃないか・・・

 

と、そんなところです。

 

ちなみに、最大では50人まで人を雇うことができるようです。

一度雇った人は、勝手にさようならをしないので、それは大変に良いですね。

一度支払った3000キャッツ(通称:猫)などで、しぬまで頑張ってくれるなどと・・・なんとありがたいことであるのか。

まさに殿に使える家臣のごとく忠誠心なり!

 

と言うことで、もう少しプレイを進めてみるかなといった感じでプレイしてますね。

 

それでは、今回は【kenshi(ケンシ)】と言うsteam(スチーム)で販売されているPCゲームのお話を書いて参りました。

steamでは、まだ完成していないゲームなども、安い値段でバンバン売られていたりするので楽しいですね。

 

・おすすめPC!

 

ガレリア!

ガレリアのゲーミングPCは、値段的にも性能的にもはずれがないです。

デザインも落ち着いており、家電などと並べていても違和感がない✨

あまり性能などに詳しくない感じでも、ガレリアで現在ゲーミングPCとして売られているものなら、基本的に大抵のゲームは高画質でプレイできますね。

 

と言うことで、PCはガレリアがおすすめです!✨

 

安いものだと9万円台くらいで十分快適(HD画質程度)にPCゲームがバリバリ動くので、ガレリアは本当にめちゃ無難なんですね。

 

 

では、そんなところで今回は失礼しようかなと思います。

 

それでは、失礼いたしますぞい(*´ω`)ノでわでわ✨良いkenshi(ケンシ)を✨良いPCゲーミングを✨

 

store.steampowered.com