クラクラちんまりブログ!ARK・原神などのゲーム全般も!)

【クラッシュオブクラン(クラクラ)】や【ARK】、【原神】などのゲームのプレイや攻略など、色々書いていこうと思います!よろしくお願いします(*´ω`)ノ

【夏目アラタの結婚】おすすめ漫画ちんまりブログ!第②回!「一巻の品川真珠さんとの面会くらいまでの感想なども!」

                       ・夏目アラタの結婚・

    🌟おすすめ漫画ちんまりブログ!第②回!🌟

 

こんにちは、こんばんは、前回からぼちぼち書かせて頂いております、【おすすめ漫画ちんまりブログ】シリーズの第2回目になります。

 

皆様はご存じでしょうか、夏目アラタの結婚、ですが、現在六巻までの発売となっておりまして、現在も連載中の作品です。

f:id:sakuratei2570:20220113204155j:plain

作者の乃木坂太郎先生は、過去の代表作として【医龍(いりゅう)】などが有名です。

僕もまだ幼いとまではいかないですが、今よりもかなり若い時分にビックコミックスペリオールで読んでいた記憶があります。

ビックコミックスシリーズは、僕の父が好きなシリーズでして、僕がまだ幼い時分には全てのシリーズが発売日になると自宅に届いてましたね。

 

ただ、父はやはりサラリーマン向けのディープな作品のほうを好んでおりまして、徐々に若い人向けのものが多くなっていく【ビックコミックスペリオール】やビックコミックスピリッツ、などは後年になり定期購入をやめてしまっておりまして、僕としてはむしろ、つるもく独身寮などの若い人向けの作品の多い、スピリッツなどは大好きでしたので、いささか残念でした。

 

なので、ビックコミックスペリオール誌で読んだわけではないのですが、先日の、直接漫画家さんにおすすめの漫画を教えてもらう、といった内容のテレビ番組を拝見したところ、【夏目アラタの結婚】と言う作品がおすすめされており、絵柄や。

殺人の罪などで死刑囚となっている、ヒロインである【品川真珠(しながわしんじゅ)】と、主人公である【夏目アラタ(なつめあらた)】の二人を中心として織りなしていく、死刑囚との獄中結婚、といったことを通して色々なストーリーが展開していく。

と言うことで、あまりにも気になってしまいまして。

とうとう先日、ブックオフが毎年正月恒例の20%オフをやっていたので、ブックオフと。

ブックオフになかった三冊は新刊で購入し、読ませて頂きました。

 

では、まずは簡単な【夏目アラタの結婚】のおおまかなあらすじ!から書いていこうと思います。

 

・【夏目アラタの結婚】おおまかなあらすじ!

 

まず登場するのは主人公の夏目アラタです。

f:id:sakuratei2570:20220113205737j:plain

まず一巻の一話目の扉絵ですね。

左側の気取った感じのが主人公の夏目アラタですね。

f:id:sakuratei2570:20220113205814j:plain

いきなり「三人、いや、おそらくは4人をバラバラにした殺人鬼に会おうとしている・・・・」

と言う始まりです。

さっそくもう、気になりますわな。

 

(`・ω・´)ほう・・・この夏目アラタと言う、この作品のタイトルにもなっているこの人は、いきなり四人をバラバラに殺した殺人鬼に、おそらく刑務所内にて会おうとしているのだな。

これは気になる。

 

背景の描写のほうも、あまり死刑囚などがいるような大きい刑務所内と言うのは漫画内にてそんなにたくさん描かれることはないと思うんですが、さすが、医龍を書かれた先生だけありますね。

迫力がありますよ。

 

 

 

(`・ω・´)なるほど・・・一般の者でも、死刑囚の人との面会ってことが可能なのか・・・

といったように、色々読んでいるうちに詳しくなっていったりもします。

ここでは、まだ死刑囚である品川真珠に会うまでは描かれず、いったん夏目アラタと言う人はどういった人であるのか?

といった内容に入っていきますね。

 

いきなりのドメスティックなシーン!

(`・ω・´)いや、おれは・・・嫌いじゃないぜ・・・✨

f:id:sakuratei2570:20220113210224j:plain

ちょっと、正義感をこじらせた感があるように思ってしまいますが。

大丈夫です。

そんなにひどく、過剰なまでにこじらせてないです。たぶん。

親指が目玉に入っているようにも見えますがね、まあ、よく許してくれましたわな。

 

主人公の夏目アラタは、児童相談所に勤めているようです。

しかし、どうにも一生のお仕事としては捉えてないようなところがあり、「自分は、法律ではどうにもできないような、隠れて虐待を続けているような質の悪い親なんかをどうにかしてしまいたい時の鉄砲玉として使ってください」

f:id:sakuratei2570:20220113210538j:plain

といったような、正義のヒーローをやはり少し、こじらせてしまっているのか。

とも思われるようなところがありますね。

よほど、幼少時にどえらい目にあって育ってきたのかもしれんな。

といったところでしょうか。

 

・四人をバラバラにした[品川真珠]、通称【品川ピエロ】に会いに行くまでの流れ。

f:id:sakuratei2570:20220113211458j:plain

品川真珠(品川ピエロ)は、どうやらバラバラにした死体の一部をどこかに埋めるなどして隠しており、今だに見つかっていないとのこと。

そのなかの一人の子は、どうしてもバラバラにされてしまった父の首のありかを聞き出そうと、獄中にいる品川ピエロと、なんと文通のようなことをしてやりとりしているのだと言う。

f:id:sakuratei2570:20220113211909j:plain

しかしなんと、そのバラバラにされた人の子は、品川ピエロとの文通の際に、主人公である夏目アラタの名義を使用していたのだと言う。

 

そんな、少年と品川ピエロとの手紙のやりとりの中。

ついに品川ピエロからの提案が・・・

f:id:sakuratei2570:20220113212112j:plain

品川ピエロ「今度、直接会って話そうよ」

と言う。

ここに至って、ついに恐ろしくなってしまった少年は、児童相談所にいる。

名義を勝手に使用していた夏目アラタ氏に、全てを打ち明け、なんとか面会に行き、父親の首のありかを聞き出してくれないか。

と言う。

 

夏目アラタ氏「ちっ・・・仕方ねーな・・・会いにいってやるよ」

f:id:sakuratei2570:20220113212006j:plain

「その代わり、手紙はもう書くんしゃねーぞ、わかったな、坊主!」

 

いったい・・・・どうなるのかっ・・・!!

 

(;´・ω・)だいぶ…盛り上がって参りましたね・・・!💦

 

・夏目アラタ氏、ついに四人のバラバラ殺人鬼【品川ピエロ】に面会するために、東京拘置所へ!

 

裁判での法廷画家の描くイラストではこうだったが・・・

f:id:sakuratei2570:20220113213501j:plain

第一審の裁判でのことですな。

死刑が確定した瞬間。

犯人である品川ピエロは、長髪で逮捕時よりひどく痩せた、歯並びの悪いイラストで公開された。

 

 

 

児童相談所でのやりとり。

f:id:sakuratei2570:20220113213848j:plain

「面会はたった15分すよ。しかも強化アクリルで仕切られて・・・その一線を、道化師が超えることは、できない。」

f:id:sakuratei2570:20220113214036j:plain

ついに、東京拘置所内へ!

f:id:sakuratei2570:20220113214145j:plain

(`・ω・´)なるほど、凶器などを隠し持ってないかの確認などもしっかり行われるのだな。

これはおそらくは、死刑囚などもたくさん拘留されているところなので、面会時に親族などの復讐といったことなどが行われないように、と言うことなのだと思われる・・・

品川ピエロは、東京拘置所の10階に拘留されていた。

夏目アラタ、面会の許可を得、ついに10階へ。

f:id:sakuratei2570:20220113214539j:plain

ついに、あの。

四人バラバラ連続殺人鬼&死体遺棄事件の犯人である品川ピエロとの面会!!

f:id:sakuratei2570:20220113214647j:plain

まるでスーパースターの大谷と面会するようなものだ・・・

などと考え始める、主人公夏目アラタ・・・!

「気分はモンスター召喚だ。へへ・・・卓斗のこと笑えねーや、俺も。」

夏目アラタ氏は、膝をそろえ、真面目な公務員モードで面会に挑むとのこと。

 

ついに・・・夏目アラタ氏・・・品川ピエロとの対面っ!!

f:id:sakuratei2570:20220113214906j:plain

(`・ω・´)「おっ・・・!」

f:id:sakuratei2570:20220113215028j:plain

(`・ω・´)「むっ・・・!」

f:id:sakuratei2570:20220113215058j:plain

夏目アラタ氏「おっ!なんじゃこりゃあっ!」

f:id:sakuratei2570:20220113215136j:plain

なにやら、事前に仕入れていた情報とはかなり食い違う見た目となっており、何がおこったのか理解できないといったところ。

 

と、ここまでが夏目アラタ氏が、品川ピエロこと品川真珠と面会するまでの流れになりますね。

この品川真珠の登場シーンこそが、この作品の一つの肝になっているのだと僕は感じております。

この時、品川真珠は21歳とのことですが、見た目的には高校生であるかのようにも見えるのだと言う。

このギャップに、いわゆるギャップ萌え的要素が隠されてますね。

 

ここで、いわゆるマジでこう、デブい気持ちの悪い人が出てきてもまあ、それはそれで面白いかもしれませんが。

やはり後々、獄中結婚と言う流れになっていくわけですので、ある程度、整った容姿である必要はあるか、と言うこともまあありますが。

 

・今回の【夏目アラタの結婚】を読んでのまとめ!

 

品川ピエロ時とね。

 

f:id:sakuratei2570:20220113214539j:plain

品川真珠さんが登場した時とでね。

f:id:sakuratei2570:20220113214906j:plain

見た目にギャップがありすぎて、これがまあすごいな。と。

ここまでで一巻のまだ4分の一くらいでしょうか。

 

ここまでの内容だけでもまあ、かなりの内容がギッチリぎちぎちに詰まってますね。

夏目アラタ氏の登場や、人物紹介に時間をかけていたように感じますが、これはもう、まさに。

品川真珠のギャップのためなんですね。

しかし、そのあたり、一度読みますとわかってしまいますが、どうしても何度も読み返してしまう。

これは、夏目アラタ氏と、品川真珠と言うキャラクターの魅力なんですね。

 

品川真珠さんは、幼少の頃には母親からの虐待のようなことを受けており、歯がガタガタになってしまっていることなんかも、後々わかってくることなんですが。

母親のせいなんですよ。

まあ、僕もビックコミックスペリオール誌のほうまでは読んでないものですので、現在の進行はわからないんですが。

どうにもかなり母親に原因があるような感じですかね。

 

そのあたりは、じわじわと読み進めていくとわかるんですが。

わたしとしては、とにかくまずは一巻だけでも読んで頂きたい!

 

とくにおすすめなのは、男性陣です。

もちろん女性の方が読んでも面白いように描かれてますが。

夏目アラタと、品川真珠のやりとりこそが、この作品の肝ですので、いかに。

この獄中での、死刑囚である品川真珠とのやりとりを成立させていくのかっ!?

もし自分でしたら、まるで考えもつかないですよ。

死刑囚ですから、品川真珠さんは。

 

外の世界に自分の意思で出ることができないわけです。

つまり、今のところ何をしようと、どんなことをしようと、主人公である夏目アラタは品川真珠に攻撃を受けたり、殺されて埋められてしまったり、といったことはないわけですが。

 

品川真珠の幼少時に、一度だけかかわったことのある私選弁護士の方が、もう少し進行すると登場してくるんですが。

その私選弁護士の方が、ある意味、品川真珠の足変わりといったように、色々と動いてくれるようになりますが、やはり本当にマズいところには、行ってもらうわけにはいかないわけです。

 

そして、さらに読み進めていくことで、なんと。

品川真珠は【無罪】である。

といった可能性が出てきます。

 

これから第二審の裁判などが行われていくんですが。

そこでは、品川真珠と夏目アラタ氏、私選弁護士の人、そういった人たちや。

最初のあたりで登場した、夏目アラタの名義を使って品川真珠と手紙のやりとりをしていた、殺されてしまった方の子である少年なども絡んできますね。

 

男性向け女性向けおすすめ度バー!

 

男性向け:70

女性向け:30

 

といったところでしょうか。

 

単純に推理もののような楽しみ方も十分にできる作品であると思いますね。

もちろんキャラクターの魅力が最も素晴らしいところである、と個人的には思っているんですが。

キャラクターの魅力なしにしても、十分に面白い作品であると思います。

 

 

といったところで、今回の第二回おススメ漫画!のほうは【夏目アラタの結婚】をご紹介させて頂きました。

 

こちらから【夏目アラタの結婚】ご購入可能です!

ぜひご購入のほうも検討してみてください🌟

 

電子書籍のほうもバッチリ充実!

 

まずは紙書籍の一巻だけでも!

 

わたくし個人の考えなんですが、あまりにも古本などの古書籍でのご購入が中心になってしまいますと、販売元であるビックコミックさんや、作者さんのほうには一円も入らないですので、もしファンであり、続きを読みたいぜっ!

と言う気持ちがあるのでしたら、たまにでも、新品でご購入されるのが良いのかなと考えております。

よかったらどうぞ!✨

 

それでは、今回は失礼いたします(*´ω`)ノ✨読んで頂きましてありがとうっ!✨